【トピックス】


西川知事が「NHKスペシャル」に出演し、
舞鶴若狭自動車道の必要性を語りました!



平成18年4月23日(日)に放映された「NHKスペシャル」に西川知事が出演しました。この番組は、平成17年10月に日本道路公団が分割民営化された後の高速道路建設に関するドキュメンタリー番組です。
  ここでは、西川知事の主な発言を中心に番組の内容をご紹介します。

 ○ 舞鶴若狭自動車道の必要性について、西川知事は「災害や事故などがあった場合
   にしっかりした幹線道路がないと問題だと思います。地域の実情を聞いていただか
   ないと民営化の値打ちはない」と考え、中日本高速道路株式会社の近藤会長に直接
   働きかけるため、中日本高速の本社を訪ね、「15機の原子力発電所などがござい
   ますし、阪神淡路大震災では日本国土全体の迂回路として使われてきました。優先
   順位の上位に位置づけて、早期完成を図っていただきたい。」と地域の特殊な事情
   に配慮するよう要請しました。
 ○ また、全ての区間を新直轄方式ではなく中日本高速道路株式会社に作ってもらい
   たいとする西川知事は、国への働きかけが重要だと考えていました。
     西川知事は国土交通省の副大臣室を訪ね、福井県選出の参議院議員である国土交
   通省の松村龍二副大臣に、沿線自治体の首長など総勢23人の皆さんと一緒に地元
   の要望を伝えました。

     西川知事:「この舞鶴若狭自動車道については、中日本高速道路株式会社におい
              て財源を投入して1年でも早い完成をお願いしたいと思っています。」
     松村副大臣:「今日は事務次官、技監、道路局長に陳情されるわけですから、そ
                の意思を示しておかれるとなお確実なものになるのではないかと思
                います。私が道路局の幹部に催促している反応では、ネットの道路
                ですので最優先にという話です。」


  多くの皆様のご理解とご努力を得て、平成18年2月10日に中日本高速道路株式会社と西日本高速道路株式会社による整備が決まった舞鶴若狭自動車道は、3月31日に、完成予定年度が、小浜西・小浜間については平成23年度、小浜・敦賀間については平成26年度と示されました。

  これからも、西川知事は、舞鶴若狭自動車道、中部縦貫自動車道の1年でも早い完成を目指して頑張っていきます。